もはやボールボーイ? fc今治の芝シート

公開日:  最終更新日:2017/07/07

 

元日本代表監督の岡田武史氏がオーナーを務めるfc今治。夏休みに帰省した際に、四国リーグのホーム戦があり
初めて観戦に訪れた。

代表戦なども多く観に行っているが、
それ以上の驚きや興奮を覚えた。

【スタジアムまで】

湯ノ浦に臨時の駐車場が作られる。
そこから無料シャトルバスで移動だ。
3分ほどしか待たなかった。
運転手はユニホームを着用しており、
テンションが上がってくる。

【着席まで】

スタジアムにつくと、多くの出店が目につく。
焼き豚卵飯など地元のB級グルメなどが売られている。
サッカー以外でも楽しむ要素はある。

グッズ売り場でfc今治タオルを購入し、いざ席へ。
席は自由席だ。スタンド席か、ピッチから数メートルしか離れていないところにシートを敷いて見ることができる。

スタンド空いてるではないとかと思い、座ってみたら
そこはスポンサー席だった。
確認不足だった。

一般のスタンド席はすでに埋まっていた。
芝の方はまだまだ空いていたので
持参したレジャーシートを敷いて
試合を待つ。

【ボールが飛んできまくる!】

試合がはじまった。とにかく、近い。
手を伸ばせば選手に触れられそうな位置だ。
芝かぶり席というのはよく聞くが、もはや私が芝だ。



ボールも飛んでくる。
そして、ボールをとったらすぐにスローインを行う選手に返さないといけない。
私はボールボーイとなった。【勝利し、選手全員とハイタッチ】

試合は、見事勝利した。
試合後は選手全員とハイタッチできる。
ここでも選手との距離の近さを感じる。

四国リーグというアマチュアリーグであるが
こんなに楽しめたサッカー観戦はいままでない。

もはやサッカーをを超えて、祭りだ。







PAGE TOP ↑