旅好き必見! 旅で稼ぐyoutuberが羨ましすぎる

公開日:  最終更新日:2017/01/30

旅してお金稼げたらどれだけいいだろうか?とよく考える。

会社を思い切ってやめて、彼女と旅してyoutubeに超かっこいい動画を投稿しながら
稼いでいるyoutuberがいる。

Lost Leblancというyoutubeチャンネルを展開するChristian LeBlancだ。

【和訳 要約】
この道を進むのは簡単とは程遠かった。
今までしたことで1番怖いことだった。
仕事を辞め、マンションを出て、友達や家族と離れて
世界に飛び出すことを意味した。
自分の道を進むときがきた。
成功と幸せを再定義するときだった。

自分も4年間大学で学び、会社に就職し、競争に身を投じた。
会社生活を始めてすぐに、自分の人生が奪われていると感じた。
3ヶ月働いたあと、こう自問した。
「退職するまで40年間こんなことをするのか、
それとも次の2、3年をとにかく自分の情熱に従って
生きることに費やしてみるか」と。
そして、2016年1月にタイへの片道航空券を購入した。
数千人のチャンネル登録者で旅を始めた。

とにかく毎日ビデオを作った。
自分がどこに向かっているのかは分からなかったが
一か八かの状況で、なんとかなるという自信があった。
毎日、これまでにないほどエネルギッシュで、
モチベーションが高かった。
自分の愛する旅とビデオ制作をとにかくやっていた。
講座預金は減る一方だったが、毎日椅子に座って
朝から晩まで働くという生活に戻る気はなかった。
情熱を追い求めることほど自由なことはない。
みな、全てを捨てて旅に出ることはリスキーだと言うが
最大のリスクは、自分の最大限の可能性を追求しないことであり
自分を燃え上がらせるようなものを追い求めない
人生を生きることだ。
会社に残っていたら多分家も買えて高い役職も得ていただろう。
でもつねになにかもっとすごいことができるんじゃないか
という虚しさにずっと悩まされただろう。
このビデオを会社を辞めるということについて伝えたいのではない。
とにかく情熱を追い求めて欲しいのだ。

自分を含めて、自分の心の声を聴くこともなく、ただ周りが行くからという理由で
とりあえず大学へ行き、あれこれと志望理由をひねり出して企業へ就職している。この「大学から
企業への就職」はあまりにも一般的と思えるパターンなので、これに対して疑いを持つことすらしない人も多い。あまりに多くの人がそうするので、そうするしか選択がないかのように感じる。
だが、この大学から会社へ就職というのは誰かの考えたことでしかない。固定概念でしかない。
思い込みなのだ。

まずは、自分の心の声を聞くことから始めないといけない。いま仕事でやっていることは
ほんとに自分のやりたいことなのか。人生の大半をかける価値のあるものなのか。
その答えがYESならそのまま続ければ良い。

NOならば、情熱のもてることを見つけないといけない。
時間を忘れるほど、疲れも感じないほど没頭できることはなんなのか。

幸い、現代ではyoutuberやブロガーなど「好きなことで生きていく」というのが
今までにないくらいしやすい時代だ。

たしかに最初はこのyoutuberのように環境を変えるのはとても怖いことだ。
経済的な保証もない。
でも、情熱という最大のエネルギー源を武器に
思いもつかないところまで行けるはず。

余談

sink or swimという言葉が動画に出てきた。
調べたら一か八かという意味だった。
てっきり、子供が親から泳ぎ方を習うとき
とりあえずプールに放り込まれて
「溺れるか泳ぐか」という、とにかくやらざるを得ない
ということかと思った。

でも、実際はweblioによると昔, 魔女の嫌疑者を水中に投げ込んで「沈めば無罪, 浮けば魔女」とした試罪法からとのこと。



PAGE TOP ↑