軍事好きな男による、アクション好きにおすすめする海外ドラマ4選

公開日:  最終更新日:2017/05/18

huluやnetflix契約してるけど、なんか面白いドラマないかな?という方へ。

ぼくはアクションとかスパイとか特殊部隊とかが好きすぎるんです。
15タイトルくらい海外ドラマを見てきたので、おすすめのアクション 海外ドラマを紹介します。

1.パーソンオブインタレスト

内容

主人公は元CIAの凄腕工作員ジョンと天才開発者フィンチ。
9/11のテロを機に、アメリカ国内のあらゆる通信等を
監視し、テロを予知するシステムを開発した。
そのシステムは一般の殺人も予知できるが、
米国政府にはテロの予知情報しか伝達されない。
フィンチは、一般の殺人情報をシステムのバックドアから入手し、
殺人を防止するために、ジョンを実行部隊として動かす。

見どころ

元CIAならではの頭脳戦から
バチバチのアクションシーンまで毎回息つく暇もない。
一般人同士の争いだけでなく、ギャング、汚職警察官、
政治家などより大きな敵も絡んで来る、重厚なストーリー。
ちょっとずつ明らかになるジョンとフィンチの過去にも注目。
ニューヨークが舞台。様々な人種の抗争が・・・

製作陣もJJエイブラムスや、ダークナイトの脚本家ジョナサン・ノーラン人など豪華な顔ぶれ。

2.バーンノーティス

内容

こちらもちょっとパーソンオブインタレストに似ている。
バーン・ノーティスとは、解雇通知のこと。
突然CIAから解雇された工作員が、
探偵として地域の人々の依頼に応えながら
解雇された理由を探るというストーリー。
こちらはマイアミが舞台。なので結構南国感のあるシーン多し。

見どころ

頭脳戦あり。大爆発あり。
毎回、人々のいろんな依頼に応えて
あの手この手で解決していく。
ときに、大きな敵と戦うことも。

主人公とともに戦う人たちも個性豊かでおもしろい。
そして強い。
元アイルランド共和軍の兵士で恋人のフィオナ。
かなり好戦的で、すぐにぶちのめそうとする。

飲んだくれの元海兵隊員のサム。
やたらモヒートを飲んでるただのおっさんに見えるが
めちゃ強い。

3.ザラストシップ

tsutaya

【内容】

謎の新型ウイルスが蔓延し、荒廃した世界で
細菌学者とともに、世界を救う航海にでるアメリカ海軍の駆逐艦の話。

見どころ

まず、軍事(特に海において)についていろいろ学べる。
艦船の中にはどのような人たち(職種)がいるのか
ソーナーとは何なのか
潜水艦は天敵なの!?など。

リーダーシップについても学べる。
駆逐艦の艦長がこのドラマの船長であるが
次から次に起こる問題に対してどのような
態度でどのように乗り越えていくかは
すべてのリーダーが学ぶべきところがある。

なお、製作総指揮はトランスフォーマーなどで知られるマイケル・ベイ。
マイケル・ベイは世界一軍隊をかっこよく撮ると言われるほど。
とにかく、海軍かっこいい!って感じになります。

 

4.ホームランド

内容

イラクで捕虜となっていたアメリカの海兵隊員ブロディが救出され帰国した。
彼は、帰国後英雄として扱われた。
CIAの作戦担当官キャリーマティソンは、イラクでアルカイダにより転向させられたアメリカ人捕虜がいるという情報を得て、ブロディに疑いの目を向けるようになる。

見どころ

イラクで洗脳されたブロディと、CIAのキャリーマティソンの攻防は
手に汗握る。お互い探り合いながらもなぜか惹かれてしまったり

人間くさいシーンも結構ある。
悲劇の連鎖とも思えるような展開で、やや辛い・・・

どのドラマもHuluやNetflixで見られるので
ぜひチェックを。


PAGE TOP ↑