大学行くよりYouTubeのほうが多くを学べる

公開日:  最終更新日:2017/01/29

Simple PickupのKongが、やりたいことをやりたい人を勇気づけるような動画をアップしました。

Simple Pickupの関連記事:草食系男子必見 モテたいならこいつらに学べ!

この動画は、Kongの大学時代に「勉強したところ」「よく行ったトイレ」「毎日食べてたところ」が映し出されるところから始まる。ここで彼は疑問を投げかける。「知識を記憶するだけで、何も学んでない。これは時間のムダでは。全期分のビジネスの授業をうけるより、YouTubeでCEOのインタビューを1時間聞いたほうが啓発的だ。」と。そのような疑問を持ちながらも、すぐに大学をやめて、自分の道を進んだわけではなかったという。「大学をやめて自分で学びたかったし、自分のアイデアを追求したかったけど、その決断をするのに”完璧なタイミング”を待っていた。3年もかかってしまったのを今では一番後悔している。」。

大学をやめたきっかけは、このようなことがあったからだという。「自分は50万ドルもの学資ローンを負っていた。母から連絡が来て、医療費が払えず助けてほしいと言われたが、なにもできなかった。借金をどう返すかというよりも、こんな50万ドルもの価値のあることが学べているのか、母の医療費の助けができないほどの価値のあることなのかということを考えた。人生の数年間を、情熱の持てることに費やすのではなく、毎日講義に通うことに費やしてよいのかと。」

やはりKongの周りにも大学は出たほうが良いという人はいたという。「社会的評価」や「パーティーへの参加」などを理由に。でもKongは別にそんなの自分自身でも手に入れられると強く主張する。Kongは、大学をやめて、情熱を追い続けた。

いまやKongはミリオネアだ。だか彼はお金はただ単に「自分がすごく情熱を持って、楽しくなにかに打ち込むことができている証拠だ」と言っている。くそつまらない毎日の会社での仕事に文句を言っている暇があったら、自分が楽しめることにいますぐ情熱を傾けるべきだ。最初は週末だけしか活動できないかもしれないけれど、それがいずれビジネスになることもある。今後、人がいやいややるような仕事はAIにどんどん奪われていく。これからは、「好きなことでしか生きていけない」時代が来る。



PAGE TOP ↑