コミュ力を鍛える4つの方法をなぜこのブサメンモテ男たちから学ばないの?

公開日:  最終更新日:2017/04/05

もはや今回は自分のためのまとめ。Simple PickupというアメリカのYouTuberの動画から、コミュニケーションに自信のないぼくが、覚えておきたいことをまとめました。あまりにも彼らの教えが重要すぎるので、まじで見たほうがいいですよ。

動画としては、彼女を作る方法といった感じが強いですが、大きなくくりでは対人コミュニケーションの方法が述べられています。

人と話す内容はなんでもいい!

特別なことは言う必要がない。ランダムでいい。

全く意味をなさなくてもいい。(ビデオでは、顔の前で手を振り回して「見えないだろ」とわけのわかないことを言っている)

自分の言うことに自信を持っていれば、何をいうかは重要ではない。

好まれなかったら次に行くだけ。人それぞれ好みがあるわけだから。

 

内なる自信をつけるために重要な3つのこと

 

お金や地位などに頼らない、内なる自信の付け方。

1.失敗を恐れない。全員から好かれることはありえない。ただ、後悔をするようなことはしてはいけない。

2.誰に対しても、100%自分自身であり続ける。

3.他者や社会通念のことを構うな。みんなからなんと思われようと、やりたいことをやれ。

ドクター・スースも次のように言っている。

 

自分らしく、思ったままを言葉にしていいんだよ。だってあれこれとやかく言う人を大事にする必要はないんだし、君が大事にしたいと思う人はあれこれとやかく言わないもんさ
Be who you are and say what you feel, because those who mind don’t matter and those who matter don’t mind

 

嫌われたときの対処方法

嫌う人は嫌ってくる。無視して、前に進むだけ。

テクニックとしては、むかついたら頭のなかでうざいやつに向かって「go fuck yourself(うせろ)」と言えばいい。

 

社交の場で、気まずくならない方法

クールに見せようとしてもダサいだけ。

ソーシャルな環境において、気不味くならないようにすることのほうが気まずくなってしまう。
話したいと思ったら話すべき。話したいと思いながらもじもじしてる方が気まずい。
だからソーシャルな場では、気まずいとおもったことをやれば、実はうまくいく。

 

たいていコミュニケーションとれない人って他人のこと考えすぎてがちがちになるんですよねえ。

でもそれを一旦やめて一切気にせず自分を出せば気持ちいですよ。

それでも嫌われてもしゃあないし、本当の自分を好んでくれる人を見つけることのほうが重要ですよ。

って、こういうことを忘れたくないので今回まとめてみました。自分自身この記事何回も読み直します。



PAGE TOP ↑