日本国憲法前文の「平和を愛する諸国民」を金正恩に置き換えたら、えらいことになった

公開日: 

こんにちは。北朝鮮のミサイルに備えて最近2リットルのペットボトルを備蓄し始めたブロガーの、るきま(@rukimahima)です。

平和を愛する金正恩の公正と信義に信頼

 

日本国憲法前文で最も耳に残る言葉のひとつが「平和を愛する諸国民」ではないでしょうか。なんで自分の国の憲法を語る上で他の国の人間の話がでてくるんやと。

今回は、朝鮮半島が緊迫している最中ということで、「諸国民」や「いづれの国家」を「金正恩」や「北朝鮮」に置き換えてみようという企画です。置き換えてみると、この日本国憲法前文の異常性があらわになりました。

とりあえず苦笑いしながら日本国憲法前文を原文ママ改めて見てみましょう

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

うーん、なんとも読みにくい。主述の関係がよくわからないこともあります。

これはGoogleのアルゴリズムでも解析不能でしょ笑 違反コンテンツレベルですわ。

 

日本国憲法前文を北朝鮮、金正恩に置き換えてみよう

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、金正恩との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する金正恩の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる北朝鮮を始めとする国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、北朝鮮も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする北朝鮮の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

これは、あかん。

平和を愛する金正恩の公正と信義に信頼してる俺らすげえ!

さきほどの日本国憲法前分北朝鮮verを上から詳しく見てみましょう。

・金正恩との協和による成果

そもそも原文の「諸国民との協和による成果」ってどういうことー。具体的にどんな成果があげられるのかよくわからん。

金正恩と協和できる人を教えてください。

・政府の行為によって再び戦争の参加が起ることのないやう

別に日本政府がなにもしなくても、北朝鮮から日本海に向けてミサイルかなり打ち込まれてるんですけど・・・

日本国憲法はもしかして他国からの攻められることを考えてないやう?

・平和を愛する金正恩の公正と信義に信頼してわれらの安全と生存を保持しようと決意した

いや、信頼できるかー! 核実験しまくってICBM(大陸間弾道ミサイル)開発しまくってる人が平和を愛してるわけない。「世の中いい人ばかりなので家の鍵はかけません!」ってドヤ顔で言ってるようなもんでしょ。笑止千万!

「信義」ってデジタル大辞林によれば、「真心をもって約束を守り、相手に対するつとめを果たすこと」ですよ。北朝鮮や金王朝に最もそぐわないコトバ。真心を感じる北朝鮮大使の言葉がこちら

日朝国交正常化交渉担当・宋日昊大使:「戦争になれば真っ先に被害を受けるのは日本だ」 テレ朝NEWSより

このような極道国家北朝鮮に、我々日本国民の「安全と生存」をゆだねているのです。なんと素晴らしいんだ! なんと勇気ある「決意」なんだ!

・われらは、北朝鮮も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする北朝鮮の責務であると信ずる

いやもう、この文に関しては原文が全く理解できない。

 

この難解な文章を完璧に理解し、平和を愛する諸国民に我々の安寧を委ねる勇気ある護憲の方々をマジ尊敬しますわ。このまま前文の精神を大切にして9条守ってれば、北朝鮮からミサイルこないんですよね?

 

関連記事

米軍のシリアへのミサイル発射数が60発でなく59発である理由

CNN「北朝鮮のミサイルを想定し、日本で初の避難訓練」 日本メディア「森友! 森友!」

 



PAGE TOP ↑