オーストラリアの入国審査は絶対にスマートゲートに並ぶべき。5分しか並ばないよ。

公開日: 

シドニー

海外旅行のしんどいことの一つに、長いフライト後に待ち受ける入国審査の長蛇の列がありますよね。

「一体どれだけ時間かかるの?」というくらい待たされます。周りの人達もいらいらしてますし。係の人たちは「のんびり」やってるし。

GWにオーストラリアのシドニーに行きまして、入国審査はなんと5分ほど待つだけですぐ終わったんですよ。

Smart Gate(スマートゲート)という、無人の入国システム便利すぎです。

ただし、「入国スタンプ」と「入国した感」は得られません。

スマートゲートで待ち時間ほぼなし!

シドニー国際空港に到着したら、普通の有人の入国審査の列と、「スマートゲート」という入国審査システムの列に分かれてました。

有人の入国審査待ちの行列は、もうディズニーランド並みですよ。「ああ、これに並ぶの嫌だなあ」って感じ。一方スマートゲートは各列3人くらい並んでいるものの、スムーズに流れていってます。

ぼくは事前にスマートゲートのことを調べておらず、とりあえず有人の入国審査の列に並んでました。すると、他の日本人がどんどんスマートゲートに流れていくのを見て、「スマートゲートでいけるんじゃない?」ということで、並び直しました。

結局、スマートゲートに行ったら5分程度並んだだけで入国できちゃいました。

出国の際も、スマートゲートがあり、一切並びませんでした。

詳しい方法は、このサイトがわかりやすいです

「入国した感」は得られない

このスマートゲート、とにかく早いから良いんですけど「入国したー!」っていう感じは得られないんですよね。

入国審査官ってその国に行ったときに最初に喋る現地の人じゃないですか。ダーツの旅でいう「第一村人発見」。

しかもこの第一村人が海外旅行の最初の難関。

「What is your purpose of your visit?」などと聞かれて、必死で答える。そして最後に「ボン!」とスタンプをパスポートに押してくれる

この「ボン!」でぼくはいつも「あ、海外きたー!」って感じがしてたんですよ。この国に入ることを認められた感というか、受け入れられた感じがすごく嬉しんですよね。

こういう「入国した感」と「スタンプ」がないので、なんとなく「オーストラリア来たわー」っていう気が起きませんでした。ぼくは機械の言うとおりに作業しただけですからね。スーパーマーケットのセルフレジと似たようなもんですよ。

関連記事:東急ストアのセルフレジをもっと早くするには

それにスタンプって、スタンプラリーみたいでパスポートにスタンプがどんどんたまっていくの嬉しいじゃないですか。あとから見返して、「ああ。この国にも行ったなー」っていう気になれるし。

無人入国システムって、早いのでイライラは全くないんですけど、ちょっとさびしい気もします。

「人間くささ」がAI時代を生きる道だ

こういう無人入国審査のような便利なものは他の分野にもどんどん適用されるでしょう。例えばサッカーや野球の試合のチケットのもぎりなど、自動化されて便利になるはず。いちいち発券もしなくてよくて、スマホかざすだけとか。

じゃあ人間はどうすればいいのか。そのヒントをこの前近所のスーパーで見かけまして。

日本人はあまり接客時にフレンドリーに話すことは少ないけど、ただ単に事務的にやるなら圧倒的に機械やAIのほうが早いんですよ。

このフレンドリーなスーパーのレジのおばちゃんのように、顧客と心が繋がれるような人がこれからも残っていくんですよ。ファンを作っていかないと、AIに負けてしまいます。

セルフレジに比べると少々時間かかろうと、ただ精算するという価値以上のものを与えてくれるこのレジのおばちゃん。最高なんですよ。

精算後に笑顔になれるって素晴らしいじゃないですか。

 

 

海外に来たっていう実感は得られないけど、並ぶのはしんどすぎるので、ぼくはこれからも自動入国システムを利用します。そしてこんな時代を生き抜くために、人間くさいブログ書いて、人間くさい仕事していきたいなーと。

 



PAGE TOP ↑