フロスのやり方がわからないならジェットウォッシャーを使いなさい

公開日: 

こんにちは。

フロスのやり方がわからないまま挫折してしまったるきまです。

いや、フロスのやり方はググればいっぱい情報載ってますし、YouTubeにもハウツー動画が上がってます。ただ、それを習得するのがめんどくさかったのです。

じゃあもう歯磨きだけでいいのかというと、それではあかんのです。

「フロス オア ダイ!」

これはアメリカの歯周病予防のスローガンだそうで、まさしく「フロスをしなければ死ぬよ!」 というくらいフロスは重要なんです。

その辺の話はこのホリエモンの本にも書いてますよ。まずは読んで危機感を持ちましょう。

関連記事:歯医者嫌いなぼくが年1回は歯石除去に行く理由

 

そんなフロス落第生のぼくが選んだ道がこれ。

ジェットウォッシャー

 

パナソニックの口腔洗浄器ジェットウォッシャー Doltz(ドルツ)EW-DJ71だ!!!

旧型のEW-DJ61とかなり迷ったものの、新型は「歯の表面の汚れ除去」も可能ということでこちらを購入。

 

これは日本の口腔ケアの文化を変えるぞ!

ジェットウォッシャー EW-DJ71でいいと思ったところ

・奥の方も歯間ももらくらく洗浄

ぼくがフロスで大苦戦した奥歯の間。難攻不落すぎる。

ええ、このジェットウォッシャーならかんたんにきれいに。

歯ブラシですら奥の方をちゃんと磨くのは難しいですからね。ぼくも歯科衛生士さんに、「奥のほうが磨けてないよ」と指摘されてしまう有様。

下の写真のようなヘッドを奥のほうにつっこんでジャーっとやるだけ。一応大きさがわかるように名刺サイズのカードの横に並べてみました。(はい、FC今治のステマですよー)

・くっさいなにかがとれる・・・

これは他の人も言ってることなんですけど、口の中の臭いのがとれてるんです。

水で口の中を洗浄してその水は洗面台にはいていくわけなんですが、はく水が臭いんですよ笑  いや笑えない笑えない。

ぼくは最初の5日間くらいはくさい水を垂れ流してしまいました。特に奥の方を洗浄してるときに流れていきましたね。やはりいままで奥の方のケアができていなかったようで。ぼくの口のなかの大奥は乱れまくっていたようです。

5日ほど臭い水を垂れ流したあとは、とくににおいもしなくなりました。口臭予防にもなりますよ。

・水が心地よい

水でガーッとやる感覚。

真夏に干からびかけたときに噴水の水を目一杯浴びるような感じ。

歯が喜んどる。もっとジェットウォッシュしてくれと言わんばかり。ぼくは、いや歯の一本一本がジェットウォッシャーの虜なのです。

・旧型に比べてスタイリッシュだ

旧型はこんな感じなんですよ。

値段は安いけど、うーん、あんまりかっこよくない・・・

それに比べて新型ジェットウォッシャーは、「ホワイトニング!(意味不明)」と叫びたくなるような白を基調としたバディー。

旧型はいかにも健康器具といった感じがしますよね。新型はスマートでスタイリッシュで洗面台になじみますよ。

改善してほしいところいうかなんというか

・少しうるさいのか?

まあ静かなのかうるさいかと言われたらうるさいですね。

でもマンションの他の部屋から苦情くるかといったら、全くそんなことはないです。なにしろ掃除機くらいのレベルですからね。

この程度の音で文句言われてたらおそらく普通の生活はできない部屋でしょう・・・

・うちに洗面台がない(泣)

これは完全にぼくの部屋の問題なんですけど。うちは洗面台が独立してなくて風呂場のなかに洗面台があるようなタイプ。よくみると思いますが。

そうなるとジェットウォッシャーを置くところがないんですよ。風呂はいるとき濡れて壊れますし。

いちいちセッティングしないといけないんですよね。

日本人は欧米にくらべて歯のケアの意識が低いと言われています。

そんな日本人の口腔ケア文化を一変する力がこのジェットウォッシャーにはありますよ。

ジェットウォッシャー オア ダイ!



PAGE TOP ↑