本来は大マスコミに取り上げられるべきでない人々がいる。加計学園についての「今治市民の声」の嘘

公開日: 

加計学園の報道があまりにひどいので、今治出身として言わせていただくが、ある活動家の発言をあたかも「今治市民の声」の全てとして大マスコミで取り上げるのをやめてくれ。

https://twitter.com/genthalf/status/870115263768805376

特に朝日新聞・テレビ朝日・毎日新聞・TBS・時事通信。

報道ステーションなんかネット上では「偏向ステーション」と呼ばれているほど。滑稽ですよ。

個人は自由に発言すべきだが・・・

別に加計学園について活動家がなにを言おうと自由ですよ。これを封じ込めるのは、一橋大学で百田尚樹氏の講演会を中止に追い込んだ変な団体と同じになってしまいます。

我が国は北朝鮮や中国ではないので言論の自由は保証されないといけません。

今はなきSEALDsだって、びっくりするくらいネットでは叩かれてますけど、別に何を考えてなにを発言しようと自由ですよ。「北朝鮮を止めるためにぼくたちが酒を酌み交わしてくる」と言った発言なんか大バッシングをくらっているわけで。

そりゃ理想論でしかなくて、あまりに現実からは乖離した意見ですが、個人がなにを言おうと自由ですよ。

ただ、こういった悪く言えば「ノイジーマイノリティ」を針小棒大に扱っているのが朝日新聞・テレビ朝日・毎日新聞・TBS・時事通信。

偏向ステーション

別にこういう人たちを一切取り上げるなとは言いませんが、明らかに過大に取り上げています。

SEALDsなんかも本来は、無学の大学生が好き勝手に騒いでいるだけで、大マスコミが取り上げるような価値を持ってないですよ。こんな中途半端な団体を大マスコミで取り上げるから、ネット上でとんでもないバッシングにあう。これはSEALDsにとっても不幸なことでは?

そして今回の加計学園。「最大面白い絵を作る」と活動家が言っているけど、これにのっかるTBSや朝日。

こうしてテレビニュースは作られていくこともあるんだなと。

なんで声のでかい少数派意見を過大に使うのか

じゃあなんでこういう声のでかい人たちを大げさにTBSや朝日は扱うのか。

理由はこの2つではないかと。

1.ビジネス(視聴率)のため

2.世論を反安倍へ誘導したい

ビジネス(視聴率)のため

一定の層には、「正しいニュースの見方」よりも罵声や乱闘のような刺激が強い「衝撃映像」の類のほうがうけるから。

例えば号泣した野々村議員、面白いキャラの森友の人、騒ぎまくるSEALDs等など、エンターテイメントとして取り上げられてますよ。難しい話をするより、こういう人たちの映像を流しとけば視聴率取れると思ってるんですよ。

今治の活動家もここをうまいことついてますね。「メディアが欲しい絵を作る」というふうに。

反安倍のため

朝日は安倍政権打倒が社是という話もあるくらいですし、そのためには安倍政権のやることなすこと反対しないといけない。

今回の獣医学部設立は、規制緩和」や「省庁の縦割り行政打破」といったメディアが本来重要視してきたことのはずなんですけど。ただただ「反安倍」をやらないといけないから、反対する。

反対のためにはどんな人間の言葉でも使う。どれだけ今治が精力的に誘致しようと頑張ってきたかよりも、誘致に反対する商売市民の声を取り上げる。

 

 



PAGE TOP ↑