戸籍謄本を公開した小野田議員の国士ぶりに蓮舫議員との差がありすぎて涙出るレベル

公開日:  最終更新日:2017/07/13

蓮舫氏の二重国籍問題の裏で発覚した自民党の小野田議員の二重国籍問題。

蓮舫氏が納得させられる説明をできていないなか、小野田議員は「戸籍謄本」「米国籍の喪失証明書」を公開。

戸籍謄本↓

米国籍の喪失証明書↓

蓮舫氏も、記者会見でなにを語ろうとシンプルにこういうふうに証拠を示せば終わりなんですけどねえ。

なんで出さないんですかねえ。出せないんですかね。

ただ、いくら正真正銘の日本国籍を有するものだと言っても、それが必ずしも日本の国益を追求する議員かどうかはわからないわけで。

2010年に尖閣沖で中国の船が日本の海保の船に激突してきた事件のときの福島瑞穂のコメントがこれ。

車が道路でちょっとコツンとぶつかるような、あてて逃げるという映像

ACLで済州の選手に浦和の阿部選手がエルボーをくらったことに関しても、「コツン」というのだろうか・・・

 

このように、日本国籍だからといって必ずしも日本に利する議員ではない人もいます

(こういう一定の反日イデオロギーを持つ人たちを当選させないためだけに、タレント議員というのも必要なのかもしれない)

青山繁晴氏が虎ノ門ニュースで「小野田議員は国士」と言っていたので、興味をもちちょっと調べてみました。

どうしても蓮舫氏との対比で見てしまうのだけれど、もうぜんぜん違う。

 

 

山本一太議員がYouTubeでやっている「直滑降ストリーム」という番組に小野田議員が出てまして。

 

山本議員から「なぜ自民党に?」と聞かれて次のような回答。

例えば外国人参政権に反対ですし、基本的に日本を心の底から愛してるのはここ(自民党)しかないだろうと

父がアメリカ人ということで、「私だからできること」としてこのように述べています。

例えば外国人に対する問題ですね。普通の人が言ったら差別だと言われることを、差別ではない区別だと、必要なことを絶対やっていく。

 

一方、蓮舫氏が2010年に週刊ポストに対して、外国人参政権について答えたのがこれ

帰化して、日本の構成要員になって初めて手にするものが参政権だ。ただし、国籍に全員がアイデンティティを感じるものではない。私は帰化しているので国籍は日本人だが、アイデンティティは「台湾人」だ。在日朝鮮・韓国人の方たちのアイデンティティは朝鮮・韓国という国家にあるのではなく、「在日」それ自体にあり、非常に複雑。だからこそ、自分のアイデンティティ、国籍を深く考える。日本人はこのアイデンティティと国籍への関心がとても薄いと感じる

(2000年10月27日号) 参考サイト→ポストセブン

 

公式HPに明記されていることも違っています。

小野田議員のHPには下記のようなことが明記されています。

故郷を愛し、日本を愛する心を養える教育を

日本の主権と領土を守る外交・安全保障の確立

蓮舫議員のHPでは政策や信条をまとめているページがなかったです・・・

まあ日々の言動を見ていても、どちらが国益を考えているのかは明らかかと。

 

蓮舫氏の週刊ポストに語ったとおり、「国籍」だけでなく「アイデンティティ」や「どこに忠誠を誓うのか」ということも大切なんですよ。

 

こちらの記事もどうぞ

TBS「ひるおび」のフェイクニュースについてBPOに意見を送付してみた

【加計】天下りで辞任した前川氏が、利権の絡み合う獣医学部新設問題に登場してくるのが皮肉な理由

2017年7月13日追記

遂に、蓮舫氏が国籍に関する資料を提示?

蓮舫氏の発表をうけて、なぜか一部メディアや「識者」の間では、「差別を助長する」などというよくわからない方向へ。

いやいやいや、それは政治家であり党の代表という重い立場だから国籍に関してクリアにすることが求められるだけですよ。

別にぼくたちの友達や隣人がどんなルーツを持ってようと関係ないですよ。政治家とは国益を追求する立場にあるわけで、差別を助長するとはまったく思いません。

小野田議員が戸籍謄本を公開したときは、差別に関する話は一切でなかったじゃないですか。(急にこの記事が読まれるようになったのはこういう偏向報道のせいか・・・)

 



PAGE TOP ↑