衆院選2017の結果に対する保守派論客のtwitterでの反応一覧

公開日:  最終更新日:2017/10/26

こんにちは、ゆるゆる政治ブロガーのるきまです。

自民が圧勝に終わった衆議院選挙2017。

大マスコミは「立憲民主党すげえ」という論調になってます。

では、「虎ノ門ニュース」・「そこまで言って委員会」・「ザ・ボイスそこまで言うか!」に出てる人たちはどのような反応をしてるか見ていきましょう。

高橋洋一氏「立民は菅政権と同じ面子」

立憲民主党のメンツはほぼ菅政権と同じ。

例えば有効求人倍率なんかみても菅政権では0.66倍(いま1.5倍超えてます)だった・・・

投票する人はあの時代に戻りたいんでしょうか?

丸山和也さんなら「脳おかしい」とおっしゃるでしょう。

 

百田尚樹氏「クズみたいな反日野党議員」

あれだけモリカケをやられたにも関わらずよくこれだけ勝てたなと。

ネットの時代ならではかもしれません。

なんとなく、今回の選挙が大マスコミの終わりの始まりのような気がしました。

安倍首相の演説を妨害してた人たちに対してカウンターで「TBS偏向報道するな」というプラカードを持った人たちが出現するなど、今までに無い動きが見れれました。

ただこれから大マスコミは「立憲民主党」を持ち上げて持ち上げて持ち上げるでしょうね。

”クズみたいな反日野党議員”といえば、代表の枝野さんと革マル派の関係はどうなったんでしょうか。

 

ケント・ギルバート氏は各国首脳の祝福ツイートをリツイート

イギリスのメイ首相。

そしてインドのモディ首相は日本語で。

モディ首相といえば、先日の安倍首相の訪印の歓迎っぷりが思い出されますね。

安倍首相のインドでの歓迎っぷりがすごい(写真・動画あり)

竹田恒泰氏「希望の敗因は”排除”発言ではない」

小池氏は台風きてるのにパリ行っちゃいました。

これからどのようなモチベーションで都政をやっていくのかちょっと不安です。

そして、「安保法制反対!」と叫びまくってた方々が、かんたんに手のひらを返してしまった。

このような方々を信用するのはなかなか難しい。保守、リベラルの立場の以前の問題かもしれませんね。

石平太郎氏「安倍首相は最強の宰相ですわな」

星浩さんのイヤホンからディレクターの「2人でもりかけ」という言葉が漏れてしまったという放送事故が象徴的。

大マスコミはひたすらもりかけをやろうとしてましたね。

それでもまだ続けるというなら、いい加減証拠を出してほしいものです。

吉木誉絵氏「戦後リベラルに辟易する日本人増えた」

50代60代は一体なにをやってるんでしょうか。

ネットを使わずTBSばっかり見てるからでしょうか。

朝日新聞をとってるからでしょうか。

もう洗脳されきっててネットで情報に触れても「フェイクニュース」だと思うのでしょうか。

 

総じて、今回の選挙は「ネットユーザー対オールドメディアばっかり見てる人」、「若者対50代60代」というような対決になってたような気がします。

あと20年もすれば、いまとはまったく異なる世論となるでしょう。



PAGE TOP ↑