口呼吸はデメリットだらけ! 対策は「口にテープ貼るだけ」で努力はいらない!?

公開日: 

電車で大きな口を開けて寝てるそこのあなた。

口呼吸になってますよ。

口呼吸は体に悪いことだらけですよ。

「鼻呼吸すべきなのわかってるけど、どうすればいいの?」って思ってますか?

そんなときは、口にテープを貼って寝るんだ!

口呼吸の悪影響

口呼吸はとにかく体に悪いことばかり。

ちょっとググってもらえれば色々出てくると思います。

なかでもちょっと問題意識持たないといけないなと思うのが、歯周病への影響。

堀江貴文の「むだ死にしない技術」より。

口で呼吸する癖がついていると、就寝中も口呼吸をしてしまう。誰でも一度や二度は経験しているだろうが、これをやると気づいたときには口も喉もからからになって、非常に不快なものだ。このとき、唾液の循環が極度に悪くなって、唾液に含まれる殺菌成分が口腔内に行き渡りにくくなる。そうでなくても就寝中の唾液分泌量は日中よりも少ないものだ。口呼吸をすると、歯周病菌にとっては絶好の環境になり、大増殖するらしい

これは、よろしくない。

なんとかしないといけない。

そう思って解決法を調べてみると、「寝るときに口にテープ貼る」というのが一番カンタンで効果ありそうでした。

専用のテープが売られている

よしじゃあ寝るときに口にテープを貼ってみるかと。

ただ、セロハンテープとかガムテープではちょっと肌に影響がありそうかと。

またまたググってみると、なんと専用のテープが売られているのです。

バカ売れしてるという小林製薬の「ナイトミン」を使ってみました。

  • わりと強度がある
  • はがすときに痛くない
  • ぼくの肌への影響は見られなかった
  • 素材感が良くて、貼ってる感覚がそこまでない
  • 最初は口を塞ぐことや、鼻呼吸だけで大丈夫といったことに不安があったが杞憂だった

慣れてきたら、コスト的にも安いこちらのテープを使用するようになりました。

このテープは川の字のように3本縦に貼り付けてます。

3本の矢ともいうように、なかなかの強度です。

「寝るときに口にシール」を2週間使ってみた感想

起きたときに口にネバネバ感がない

口呼吸してたときは、結構起きたとき口の中が不快でした。

それがなくなりましたね。

熟睡してる気がする

わりと夜中に起きたりしてたんですけど、それが無くなりました。

爆睡という感じです。寝起きもかなりいいです。

あくまで個人の感想です。

はじめたころは起きたらテープが剥がれてた

テープの強度を凌駕するほど、口を開けてしまったみたいでした。

5日もしてると、こういった口呼吸時代の弊害はなくなっていきました。

日中も鼻呼吸をできるようになった

日を追うごとに、日中も鼻呼吸できるようになりました。

口で呼吸してたら違和感を覚え、修正できるようになりました。

外でも安心して寝られる

鼻呼吸なら口開けたり、ヨダレ垂らしたりしないので、電車でも安心して寝られます。

 

 

シールを買うお金だけで、特になんの努力もいりません。

ただ貼っとけばいいだけ。やらざるを得ません。



PAGE TOP ↑