面倒くさがらずさっさと109シネマズのポイントカード作っとけばよかったわ

公開日: 

自転車圏内に109シネマズがあって、2ヶ月に1回くらいは映画に行ってます。なんかポイントカードがあるらしいくらいの知識はあったのですが、いかんせん面倒くさがりで勤勉性が低い小生は、カードを作るという選択肢すら生み出さずに、数年の時を過ごしておりました。

「ボヘミアン・ラプソディ」と「アリー スター誕生!」を2週続けて観に行くことになり、「そろそろポイントカード作ったほうが良いんじゃない?」という考えが頭をよぎりました。それで作ることになったのですが、結論から言うと「なぜもっと早く作らなかったのか」と激しく後悔しております。

ぼくが抱いていた思い込みは、裏を返せばポイントカードの重要点と言えるものなので、3つ説明。

1.年会費のもととれないんじゃない?

なんかカード作るにはお金かかるらしいくらいのことは聞いたことがあったので、「お金がかかる」という時点で敬遠しておりました。

ちゃんと調べてみたら、かかる費用は下記の通りでした。

・年会費は無料

・入会手数料が1,000円

年会費は無いので、カードを作る際に1,000円払えば二度と払う必要は無し。6回鑑賞すれば1回無料で鑑賞できるのですが、入会時に2ポイントつけてくれるので、実質4回見ればもとが取れる。かなりイージー。

2.記入がめんどくさい

映画館でいろいろ書くのめんどくさいよなーと思っててそれも障壁になってもした。これまた調べてみると、事前にネットで申請ができて、映画館で受け取れることがわかり早速ネットで入力。映画館では、カードについて簡単な説明を受けてから受領するだけ。

 

申込みはここから

3.でもそこまで頻繁に映画館行かないし・・・

観たい映画がいつでもあるわけじゃないのは確か。そして鑑賞して貯めたポイントが永久で無いのも確かなのです。ただ、ポイント消滅は6ヶ月後なので、半年に1回映画を観ればOKということ。

半年に1回はまあ今までも映画行ってるよなと。でもそれだとポイント貯まるの遅くないかと。

ここで嬉しいのが、同伴者の分もポイント加算できるということ!(もちろん、同伴者もカード保有者だったらだめですが)

2人で3回見ればもう無料で見られる6ポイントがたまります。悪くないです。

 

てことで、とりあえずポイントカードは作らないと損!



PAGE TOP ↑